常夏のマレーシアで冬休み


ペナン島イースタン&オリエンタルホテルの部屋からアンダマン海を臨みます

2019年のシンガポール旅行以来、4年ぶりに海外旅行に出ました。
目的地はマレーシアのペナン島。2005年1月にも訪れていて、今回念願の再訪となりました。
19年ぶりのペナン島でのんびり。そして、色々変わった旅行事情にもおろおろした老人夫婦の旅日記です!


今回の旅行では、我々が確実に年老いた事が如実に露見してしまいました~(^-^;
体力・気力の衰えはもちろんの事、元々貧弱な英会話能力も更に下がり、
また移動に際してデジタル化、自動化が空港などで進み、はて、これでいいのだろうか?
とあたふたする場面が増えました。

不安その1 お天気問題
不安その2 航空便のオンラインチェックイン問題(特に外国の飛行機)
不安その3 マレーシア入国の手続き問題
不安その4 ペナン島断水問題
不安その5 グラブ問題
不安その6 トコジラミ問題(^-^; (トコジラミ被害は皆無でした!)

こんなに沢山の心配をしながら出発しましたが、言いますよね。
案ずるより産むがやすし!
さて、結果はいかに?


2024年1月16日

ともかくまずは、お天気の不安です。
用心して、成田前泊で計画したものの、出発当日の大雪には驚きました。
しかし、それにも関わらず、自宅からJR札幌駅までのタクシーもつかまえ、、新千歳空港のJRエアポートも動いていて
そして成田までのフライトも30分遅延したものの、欠航は免れ、無事に成田まで到着しました!奇跡か?!

成田で一泊するのであれば、成田山新勝寺の参道にある鰻の名店で鰻を食べようと思いました。
しかしながら、偶然旅行前にTVの成田特集があり人気店では2、3時間待ちが当たり前であるという情報を得て、、、。
もう行く前から戦意喪失です笑
という事で、、、




川豊・成田空港店で鰻丼を頂く、と合いなりましたー。美味しいです。

 


参道沿いの二大人気店「川豊本店」と「駿河屋」さん。もう本当に驚くほどの凄い人の数です。
老舗らしい趣のある佇まいが素敵な店舗ですね。



成田山新勝寺に到着です。多くの善男善女が新年のお参りにやって来ております。
我々も混ざって参拝致しました。旅の安全と商売繁盛、健康などなど欲張りに祈願致しましたよ!


2024年1月17日

翌日、成田空港からクアラルンプール空港に向けて飛び立ちます。
スマホにてオンラインチェックインを済ませてあります。ANAなので、これは簡単です。
ただ、メンバー1名(シェフですが)が、こういった事が苦手なので、
全て二人分の操作をワタシがしなくてはなりません。これが、ちょっと面倒です
ワタシ程度でいいから自分でやってくれる人なら、気も楽なんですけどねえ。



さて、スーツケースを預けます。
新千歳空港でも自動預入をして来ました(千歳は簡単でした)が、国際線ともなれば預入の機械に
パスポートを当てたり、スマホのモバイルボーディングパスを当てたり、難易度が上がります。
でも、優しい係りの女性がお世話をして下さり、我々老夫婦もなんとかバゲージ・クレーム・タグを出すことが出来ました。
ところが、我々の内、メンバー1名(誰?)が、その機械にパスポートを忘れてくるという大ポカをやらかしましたよ。
それに気づいた係りの方が走って取りに行って下さり、事なきを得ました!
ですが、我々がこの先こういった手続きをする度に気の張る思いをするのが通常となってしまいました(^-^;

17:25離陸です。それまでは飛行機を眺めながらラウンジでゆっくり致しました。

 

予定通り飛行機は離陸し、映画など見ながらくつろいでいる内に、夕食が出されました。
ちなみにシェフは3本の映画を鑑賞し、ワタシは1本観た後、シートをベッドにして熟睡致しました。
  

 
機内食です。


2024年1月18日

クアラルンプール空港到着は真夜中を回った時刻となりました。
マレーシア入国に当たっては「デジタル・アライヴァル・カード」なるものを旅行客は事前に登録する事になりました。
入国3日前から可能で、成田のホテルでスマホから登録しました。内容は、入国審査で聞かれるような事柄でそう難しくはありません。
初回は、係り員のいるカウンターで入国したら、出国時と次回以降は、オートゲートで通れるという説明でした。
でも帰国時も結局係り員のいるカウンターから出る事になりましたよ。
ちゃんと決まりを守ったのに、オートゲートを使えなかったのはガッカリでしたー。
ともあれ、入国は無事出来ましたので、不安その3は解消です!

到着が真夜中過ぎとあって、空港内のsama-sama Hotelに一泊です。
空港からホテルまでは、無料のバギーカーが送迎してくれますよ。
夜中とはいえ、もう南国のまったりした空気ですが、バギーが走り出すと爽快な風が起こり気持ち良いです。
翌朝、朝食を取り、プールサイドでくつろいでお昼ごろチェックアウトして空港へ戻りました。

 

 

朝食ビュフェはとても品数が多く、インターナショナルな品揃えで楽しめました。
右は、マレーシアのラクサという麺料理です。酸味と辛みにお魚出汁みたいな旨みがアクセントでした。

次はマレーシア航空でペナン島に向かいます。
スマホには既にマレーシア航空よりオンラインチェックインのご案内が来ておりまして、
抜かりなく二人ともスマホのアプリでチェックインしておきました。ここまではヨシ!
バゲージ預入れの機械の所に行きましてタグを出すのですが、この手順が良く分かりません。
数台の機械があり係りの女性が一人、付いています。分からなくなる度に、このお姉さんを
呼んで頼るのですが、これは私どもだけでは無く、他のツーリストの皆さんも何人もがひっきりなしに
お姉さんを呼んで、取り合いです笑。お姉さん大忙しです!みんな良く分かってませんでした~。

すったもんだしながら、なんとかバゲージを預けて、身軽になったのでお昼ご飯に。
鼎泰豊(ディンタイフォン)があったので、美味しい炒飯と小籠包を頂きました。
(でも、ビールが無いことに不満を持つ者が、、、ホントにアルコール飲料を扱うお店が見当たらない空港です)

 



後は何事も無く、ペナン空港に到着し、空港発行のタクシーチケットでホテルまで行きました。
これだと定額なのでぼられる心配がありません(^-^)


イースタン&オリエンタル ホテル

ペナン島の中心地ジョージタウンの海辺に位置する歴史あるクラシックなホテルです。
本館のヘリテージ館と別館のヴィクトリー館があり、我々は別館(少しリーズナブル)の方に泊まりました。
この写真はヘリテージ館のエントランスです。別館でも部屋は広く、小さなバルコニーも付いていて海を見渡せます。
移動で数々の不安を抱えた我々老夫婦も入室した途端に、とても落ち着いた気分になりくつろげました!

  
(左)バルコニーからガーニードライヴ方面を臨む。 (中)シングルベッド2台のツインルーム。 (右)猫足のバスタブ(初めて浸かりました!)

 
(左)朝、バルコニーでコーヒーとスマホでくつろぐシェフ。 (右)お出掛け先のチェックをしてます。

不安その4のペナン島断水問題ですが、旅行の少し前に「ペナン島の水道管修繕のため大規模断水が行われる」
という情報が入りました。1月10日から14日まで(地域により通水時期が変わる)ですが、万一修理に不具合など
あって断水期間が延びたらどうしよう、と心配していました。しかし、これも杞憂でしたね笑 本当に小心者な自分です。
到着したホテルは何事も無く通常営業で、プールにも満々と水がたたえられておりました。良かったです!

夕方になり、少し涼しくなった頃に近くのレストランに出掛けました。歩いて15分くらいです。
まっすぐなので、迷うことなくたどり着きました。オーシャン・グリーンというお店です。
海を見ながら、新鮮な魚貝料理を頂けます。

 

 

 

蒸し海老を注文しました。調理は揚げたり焼いたり好みのものを選べます。
写真はもうかなり食べた後なんで恐縮ですが、皿山盛りでした。蒸しただけなんですが旨いコト!
これは鮮度のなせる技ですね♪ 浅蜊に似た貝の炒め物、かな?
黒胡椒風味で、これが後を引く美味しさ。貝の身も大きくて、つまむ手が止まらず、ビールも進みました!
サービス係りのおばちゃん達も、愛想よく親切で、一緒に写真にもおさまって下さいました。ご馳走様!!

 
  
ホテルに戻り、Farquhar's Barで一杯、いや2,3杯?やりました。
お酒のあてはグリュイエールチーズ・サンドイッチ。これがとても美味しかったですね。
赤ワインから、カクテルへと進みましたが、「ソルティドッグ」の発音がどうしても通じず、
ついには紙に書いて、と言われてしまいました~(^^ゞ 
仕上げも終わり、部屋に戻って夜景を見て今日の日は終了です。

続く

その2



KAZAMA'S旅日記目次へ

HOME