11月21日(木)解禁

2019年ボジョレー・ヌーヴォ・ワインリスト
 今年もボジョレ・ヌーヴォの季節が近づいて参りました。
2019年産のワインの出来を占う新酒を楽しめるのが待ち遠しいですね。

今年は春先の低温や8月の雹など、天候に悩まされたエリアがあり、収量は下がっとのことです。しかし、夏から秋にかけての好天、高温で、葡萄の実は良く熟し、小粒ながら凝縮した葡萄を収穫出来ました。難しかった年だけに、各作り手の哲学やテクニックによるところも多いかと思われます。ワインは自然に左右される部分が多いお酒ですが、それだけに私たち飲み手も、多彩な味わいや、作り手の人々の思いもこめられた一杯に大きな喜びを見つける事ができるはずです。
今年も、ヌーヴォー・ワインを味わう事ができるのがとても楽しみですね!

11月第3木曜日は新酒の解禁日、カザマでもボジョレ・ヌーヴォを皆さまと思い切り楽しみたいと思います。
今年は6人のお勧めの作り手のヌーヴォをご用意致しました。
それぞれグラス1杯からお楽しみ頂けます。
また、グラスワインをお得に色々に味わって頂けるグラスワイン・セットもご用意しております。
グラス・シャンパンを選べるセットもございます。また、セットでご注文の方には、グラス・シャンパンを特別価格でご用意させて頂きます。
お好みのディナー・メニューとともにどうぞお楽しみ下さいませ。
皆さまのご来店を心よりお待ち申し上げております。

*昨年のボジョレー・ヌーヴォの画像です。

ボジョレ・ヌーヴォ・ワインリスト

  シャンパーニュ シャルル・ヴェルシ・キュヴェ・ド・レゼルヴブリット     1グラス¥1000

ピノ・ムニエ75%の洋梨やリンゴのような香りにまろやかでリッチなアフターフレーバー、爽やかでエレガントな味わいです。 


A−1  ポール・アンドレ・ブロセット ボジョレ・ヌーヴォ レオ・セレクション   5200  1グラス¥800

300年以上の歴史を持つ家族経営のドメーヌ。「レオ・セレクション」は日本人醸造か篠原麗雄市が監修する限定生産のヌーヴォです。全て南向きの日当たりの良い斜面から手摘みで収穫された葡萄が使われ。ジューシーでリッチな味わいを期待できます。 

−2 ジョヴェール(ジュンコ・アライ) ボジョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォ ¥5200 1グラス¥800

ドメーヌ・ジョベール氏と新井順子さんのコラボプロジェクト。クリュ・ボジョレ・ブルイーのすぐ隣の樹齢60年のガメイ種を新井順子が瓶詰めまでSO2無添加で醸造しました。凝縮した果実のアタックをこなれたタンニンときれいな酸がバランスを整える長熟のポテンシャルをも感じるヌーヴォです。

B−3 Ch..カンボン(マルセル・ラピエール) ボジョレ・ヌーヴォ ¥6200  1グラス¥900

ビオディナミ(有機栽培)、野生酵母での発酵、酸化防止剤未使用など、ボジョレ地方で自然派ワインの第一人者だった故マルセル氏。現在は息子のマチュー・ラピエールが、父の後を継いで素晴らしいワインを作っています。

 B−4 ルー・デュモン ボジョレ・ヌーヴォ・ヴィエーユ・ヴィーニュ ¥6200 1グラス¥900

日本人の仲田氏が造るルー・デュモン。樹齢70年以上の超古木葡萄を完熟させたヌーヴォは、低収量で凝縮した味わいを持っています。

 C−5 フィリップ・パカレ    ボジョレ・ヴァン・ド・プリムール   ¥6800  1グラス¥1000

ブルゴーニュ地方でビオディナミ(有機栽培)の第一人者であり、故マルセル・ラピエールの弟子、パカレ氏のヌーヴォ。瓶詰に至るまで酸化防止剤を極力使用せず、葡萄本来の味を大切にしています。

−6 ルロワ            ボジョレ・ヴィラージュ・プリムール ¥9600 1グラス¥1400

ブルゴーニュ地方の最高の生産者として知られるルロワのプリムール。完璧主義で知られるマダム・ビーズ・ルロワが厳選し瓶詰されます。溢れんばかりの果実味は濃密で気品があります。毎年、このヌーヴォを頂くのがワタシもとても楽しみです!

 

3グラスセット

A+B+C 各1グラス 合計¥2700→セット価格¥2500

A+B+D 各1グラス 合計¥3100→セット価格¥2900

A+C+D 各1グラス 合計¥3200→セット価格¥3000

 4グラスセット

A+B+C+D 各1グラス 合計¥4100→セット価格¥3800

 5グラスセット

A+B+B’+C+D 各1グラス 合計¥5000→セット価格¥4700

 6グラスセット

ALL 各1グラス 合計¥5800→セット価格¥5200(大サービス!)


シャンパーニュ シャルル・ヴェルシ キュヴェ・ド・レゼルヴ ブリュット セットに+で1グラス¥800




HOME