今月のお勧めワイン
(価格は税込み表示です)


ボトル 1/2デキャンタ 1グラス
Chanpagne シャンパーニュ
Guy de Saint Flavy Bru NV
ギィ・ド・サン・フラヴィ・レゼルヴ・ブリュット
19世紀の後半、エペルネにシャルル・ガルデによって設立され、21世紀の技術とメゾン創立以来代々引き継がれてきた伝統を融合させたシャンパーニュ作りを行っています名門シャンパーニュハウス、ガルデ社がプロデュースする、ギィ・ド・サンフラヴィー。ピノ・ムニエ50%、ピノ・ノワール45%、シャルドネ5%(年によって若干の変更あり)で構成され30の異なる区画から手摘みで収穫されたブドウはアルコール発酵が行われた後、ワインにボディを与えるためマロラクティック発酵が行われます。瓶内二次発酵は温度調節されたセラーで行われ、そのまま滓引きまで18〜24か月間熟成されます。ドザージュは8g/L。上品な泡立ちとフレッシュな果実味を兼ね備え、バランスのとれた味わいは他の追随を許しません。生牡蠣や新鮮な白身魚やサーモンのマリネ、鮮魚のポワレなど、さまざまなお料理とのマリアージュが楽しめます。もちろん、チーズやスウィーツとの相性も上々です。





\8000

\1500
Vin Blanc 白ワイン
ボトル 1/2デキャンタ 1グラス

Le Marquis de Beau Rond Sauvignon Blanc(Vin de Pay d’Oc)
ルキ・ド・ボーラン・ソーヴィニヨン・ブラン‘21
南フランス、ローヌ地方のフルーティで爽やかな香りの辛口白ワインです。


\3000

\1800

\600

Chapeau Melon Blanc Vin de France (Jeremie Huchet)
シャポー・ムロン・ブラン‘21
ロワール地方ミュスカデのエリアのワインですが、AOCではなく、「フランスワイン」のカテゴリになります。ソーヴィニョン・ブランとムロン・ド・ブルゴーニュ(ミュスカデ種)の二種の葡萄を用い、また特徴の異なる畑からの葡萄をブレンドします。25年以上前から化学肥料を使わず、葡萄樹は深く根を下ろし、土壌のミネラルやテロワールを反映させています。花の香りや柔らかな柑橘、フレッシュ感たっぷりで、きれの良い酸味と旨みを感じさせる厚みのある味わいです。海の幸のマリネやサラダなどにお勧めです。



 


\3800 

\2100 

\700 
Gewurztraminer (Paul Brukert)
ゲヴェルツトラミネール‘20
アルザス地方アンマーシュヴィアで8代にわたり伝統と信頼を守る名門ワイナリー。ゲヴェルツトラミネールは、美しく輝く金色を帯びた淡い黄色。ライチ、パッションフルーツ、クレメンタイン(オレンジ)、ほんのりバラの香りもあり、複雑で豊かな香り。フレッシュで生き生きとした酸と、丸みのある果実の爽やかな甘みが長く続くフルーティな白ワインです。魚貝の前菜や、夏の野菜のサラダ、アルザスのウォッシュタイップチーズなどにお勧めです




\4600

\2400
 

\800
 
Ch.Grand-Jean Bordeaux Blanc (Bordeaux)
シャトー・グラン・ジャン ボルドー・ブラン ‘22
シャトー・デュロン家が1750年より所有する歴史あるワイナリーです。現オーナーのミシェル・デュロン氏の代で畑を10倍以上に広げ生産するワインも直接販売できるワイナリーに育て上げました。アントゥルドメールでも最上の区画を所有し醸造所のすぐ目の前には、樹齢60年のブドウが植えられた区画があり、シャトー・グラン・ジャン白V.V.に惜しげもなく使われています。美しく透明感のある色合い、デリケートで花のようなアロマが素晴らしい、フレッシュでフルーティ、キリッとした酸味も爽やかな辛口ワインです。桜鱒のマリネや春野菜、山菜、ホワイトアスパラガスのサラダなどに、どうぞ。





\3200

\1800

\600
Bourgogne Alogote (Paull Carillon)
ブルゴーニュ・アリゴテ‘16
ポール・カリヨンは、ピュリニー・モンラッシェの名門フランソワ・カリヨンの16代目になります。環境に負荷をかけないブドウ栽培に傾倒していた先代フランソワは、自身のドメーヌでビオロジックを実践し、除草剤の使用を止め、トラクターの入れない場所では馬を使って耕作しています。手摘みされた葡萄を小樽で醸造します。
このアリゴテは樹齢50年以上の古樹の葡萄を使います。グレープフルーツやレモンの爽やかな柑橘の風味がアリゴテらしく、くっきりした酸味と、熟成による複雑な果実味、ミネラル感と旨みも兼ね備え、流石ピュリニィ・モンラッシェの名手による、アリゴテとは思えないリッチで贅沢な味わいです。牡蠣な
どの貝類、魚貝のマリネやサラダの前菜などに、どうぞ。




\6200

\3300
 
 
\1100

con l’Expression de CHARDONNAY (Domaine Saint Barbe)
マコン・レクスプレシオン・デュ・シャルドネ‘21
当初からビオディナミやビオロジックといった有機栽培を実践し、2003年にはエコセール認証を取得するなど、マコネー地区の若手生産者におけるリーダー的存在になったドメーヌ・サント・バルブが生み出す白ワインは果実の力強さに溢れたエレガントな味わいが特徴です。透明感のある美しいイエロー、シトラスフルーツやパイナップルを思わせるいきいきとした果実の香り、口当たりがなめらかで、かつダイナミックなミネラル感がある白ワインです。野菜や魚貝の前菜、バターやクリームを使ったお魚料理、鶏やウズラ、豚肉など白身のお肉料理にも合わせられます。



\5800
 

 \3000

\1000 
Vin Rouge 赤ワイン
ボトル 1/2デキャンタ 1グラス
Le Marquis de Beau Rond Syrah
マルキ・ド・ボーラン・シラー’20
南フランス、ローヌ地方の赤ワイン。シラー種を使った穏やかな酸味と果実味、渋みがバランスよく飲みやすい味わいです。


\3000


\1800


\600

Cote de Boeuf (Les Grand chez de France)
コート・ド・ブッフ‘21
「レ・グラン・シェ・ド・フランス」社は、気軽なワインか高級ワインまで幅広く手掛けるフランの大手ワインメーカーです。同社が「お肉料理に合わせるワイン」として発売しました。南仏のラングドック地方のシラー種、マルセラン種の葡萄から作られます。ワイン名の「コート・ド・ブッフ」とは、牛肉の骨付きリブロースの意味です。深く濃い暗赤色、カシスなどの黒い果実や、スミレ、バニラ、トースト香など様々な香りがグラスから立ち昇り、鼻孔をくすぐられます。果実味が豊かで、しっかりしたタンニンがありながら口当たりは滑らかで、まさにお肉が食べたくなる味わいです。フランスのビストロで牛肉のステーキを注文し、この赤ワインを合わせるという気分でお楽しみ下さい!





\3800

\2100

\700
 

Ch..Bernadotte (Haut−Medoc)
シャト−・ベルナドット‘15
メドック格付け第2級のピション・ラランドが愛情を注ぎ運営する兄弟蔵、シャトー・ベルナドット。左岸と粘土石灰質からなる土壌の畑の葡萄を使用します。手摘みで収穫された葡萄は区画毎に分けて醸造され、樽(新樽33%)を使用して12カ月の熟成を経てリリースされます。
(作付けは、カベルネ・ソーヴィニョン51%、メルロ48%、プティヴェルド1%)
熟したブラックチェリーやカシス、西洋杉を想わせるスモーキーかつハーブのようなニュアンス。酸味はほど良く、ミネラルもしっかり感じられます。時間とともに香りや味わいに深みが現れ、果実味と酸味、タンニンが徐々にまとまっていきます。柔らかなタンニンに、フルーツやカカオのアロマ、滑らかでシルキーな舌触りが特徴的なワインです。お肉料理全般、特に赤身肉に合わせてお楽しみ下さい。






\5800  

\3000  
 
\1000 
Bourgogne Hautes Cotes de Nuits (Domaine Joannet)
ブルゴーニュ・オ・コート・ド・ニュイ‘18
ブルゴーニュの名門ジャック・カシューやミシェル・ジョアネの血を引くフェビアン・ジョアネが引き継いだドメーヌです。2008年をファースト・ヴィンテージとするや瞬く間にヴォーヌ・ロマネの新星として好評価を得ました。彼のワインは、父ミシェルやジャン・イヴ・ヴィゾの二人の師匠から受け継いだブルゴーニュの伝統的な技により、ナチュラルなピノ・ノワール本来の美しさを表現することにあります。このオ・コート・ド・ニュイは、樹齢50年の古木よりの葡萄を醸造し、古樽で6カ月熟成。やや暗めの透明感のあるルビー色に、柔らかなベリーの香り、ハーブの涼し気なニュアンスと黒糖の甘みも感じさせます。たっぷりな果実味が口中で広がり、まろみのある酸と控えめな心地よいタンニンもあります。シャルキュトリやウズラ、鴨などの鳥肉、豚肉、ブフ・ブルギニヨン、チーズにもお勧めします。



 
\7400
 
\3900
 
\1300


他に70年代、80年代の古酒を含め、100種類以上のワインをご用意致しております。
店内のワインリストをご覧下さいませ。


HOME