今月のお勧めワイン


ボトル 1/2デキャンタ 1グラス
Chanpagne シャンパーニュ

Etienne Lefevre Blanc de NoireGrand Cru NV 
エティエンヌ・ルフェーヴル・ブラン・ド・ノワール・グランクリュ
シャンパーニュ地方ヴェルズネイの畑を主体に平均樹齢45年の古樹の区画のピノ・ノワール100%を使用したブラン・ド・ノワールです。黄色い果実やオレンジの砂糖がけの豊かな香り。わずかに桜色のニュアンスのある色合い、くっきりとした輪郭を描く焦点が絞られた味わいにはチェリーやベリーを思わせる赤系果実や微かなタンニンも感じられます。広がり、奥行き、複雑さ、確固としたミネラル感など、全ての要素を持ち合わせたコクのあるシャンパーニュは深まりゆく秋の日に楽しむべき1本です。




\7800

\1200
Vin Blanc 白ワイン ボトル 1/2デキャンタ 1グラス

Le Marquis de Beau Rond Sauvignon Blanc(Vin de Pay d’Oc)
マルキ・ド・ボーラン・ソーヴィニヨン・ブラン‘15
南フランス、ローヌ地方のフルーティで爽やかな香りの白ワインです


\2300

\1300

\400

Picpoul de Pinet Prestige (Domaine Cabrol)
ピクプール・ド・ピネ・プレスティージュ‘16
南フランス、コトー・デュ・ラングドック地方の、海に近く比較的涼しい気候と石灰豊富な粘土や砂質土壌持つポメロールの畑で栽培されるピクプール・ド・ピネ種を100%使用しています。柑橘類やアカシアの花のアロマにしっかりした酸味凝と縮感あるジューシーな果実味、ミネラリーな味わいが魅力的です。魚介のマリネや、夏野菜のサラダ、鮮魚のポワレなどとご一緒にどうぞ。




\3200

\1800 

\600 

Kitawaine Kerner (Chitose Winery)
北ワイン ケルナー‘16
余市町・の登地区の木村農園で栽培されたケルナー種の葡萄100%を使い、千歳ワイナリーで醸造されました。白い花や、リンゴ、洋梨の香り、すっきりした辛口の白ワインです。北海道産の魚貝類や野菜料理などにしっくりと合います。


\5000  \2800  \900 

Gewurztraminer (Paul Bruckert)
ゲヴェルツトラミネール‘15
アルザス地方、現当主で7代を数える歴史ある作り手です。環境に配慮したリュット・リゾネで栽培しています。金色を帯びた淡い黄色の色合い、ゲヴェルツらしいライチやパッションフルーツ、ほんのり白いバラの香りもあります。フレッシュで生き生きした酸味に甘みのある果実味がリッチで余韻が長く続きます。山菜やサラダなど野菜料理、鶏肉料理、スパイシーな料理、アルザス地方のウォッシュチーズにもお勧めです。



\3200  \1800  \600 
 Les Aureliens Mediterranee Blanc (Domaine de Triennes)
レゾーリアン・ブラン・メディテラネ‘15
ブルゴーニュ・ワインの愛好家ならば知らぬ者はない、偉大なるふたりの造り手、ドメーヌ・デュジャックのジャック・セイスとドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティのオベール・ド・ヴィレーヌが南フランスの小さな村で始めたワイナリー。二人のめがねにかなった理想の土壌で、シャルドネ、ロール、ヴィオニエ種の葡萄をビオロジックで栽培し、ワインは樽とタンクで半年熟成し、瓶詰めしました。華やかな白い花の香り、樽由来のナッツ香、ややまったりとした酸が、落ち着いた印象です。魚介、特に海老と好相性、ブイヤベースに合わせることをお勧めします。



\3800 \2000   \700

Closdes Lunes Lune D’Argent (Bordeaux Blanc)
クロ・デ・リュヌ リュヌ・ダルジャン‘16
ボルドー地方、ソーテルヌの白ワイン。ソーテルヌといえば高価な甘口デザートワインの産地として有名ですが、その地で辛口白ワインを作るというプロジェクトがありました。仕掛け人はドメーヌ・ド・シュバリエの当主始めボルドーワインのそうそうたる大物たちが集まりました。2011年を初リリースし、そのワインはたちまち多くの人々をとりこにしたのです。「銀の月」という名前のこのワインは樹齢30年以上のセミヨン70%、ソーヴィニヨン・ブラン30%の構成で6〜7カ月の熟成を経ています。柑橘、桃、トロピカルフルーツの香り、なめらかな口当たり、熟した果実の味わいの辛口白ワインです。魚貝のお料理はもちろん、鶏肉やウズラなどの白身の肉料理、フォアグラのテリーヌにもお勧めします。

\5600 \3000
 
\1000
 
 Chablis 1er cru Beauroy (Alain Geofroy)
シャブリ・1級畑・ボーロワ‘12 
ブルゴーニュ地方、シャブリ地区で150年に渡り代々シャブリを作り続けている老舗ドメーヌです。1級に格付けされているボーロワの畑は日当たりが良く、葡萄の果実の実りが良く凝縮した味わいです。ヴィエイユ・ヴィーニュ(古木)から収穫される葡萄から造られており樽により熟成を経て、濃い黄色の色合い、バニラやナッツの香りが顕著、まろやかな酸味と甘みを感じるほどに完熟した果実の味わいがあります。厚みのあるボディ、アフターフレーバーも長くフィニッシュにはわずかに苦みを感じます。魚介料理全般、特にバターやクリームのソースを添えたお魚やオマール海老、また白身の肉料理まで合わせても。

 
\6800

 \3600

 \1200
Rouge 赤ワイン ボトル 1/2デキャンタ 1グラス
Le Marquis de Beau Rond Syrah
マルキ・ド・ボーラン・シラー’15
南フランス、ローヌ地方の赤ワインです。穏やかな酸味と果実味、渋みがバランスよく飲みやすい味わいです。


\2300


\1300


\400

Costieres de Nimes Rouge Cuvee Tradition (Mas des Bressades)
コスティエール・ド・ニーム・キュヴェ・トラディション‘15
南フランス、ラングドック・ルーション地区の赤ワインです。シャトーヌフ・デュ・パプに似た小石混じりの土壌で育つシラー55%、グルナッシュ45%のセパージュです。葡萄は品種ごとに醸してコンクリートタンクで熟成します。深みのあるダークレッドの色合い、熟したカシスなベリーの香り、ハーブやスパイスの香り。口に含むと南仏の太陽を感じる力と厚みのある丸い酸としっかりしたタンニン、それらが穏やかにまろやかにまとまっています。


\3200 \1800 \600
 
       
Auxey-Duresses (DomaineDiconne)
オーセイ・デュレス‘13
ブルゴーニュ地方のオーセイ・デュレスは、ムルソーやサン・ロマンなどの囲まれた赤ワインの名醸産地です。ピノ・ノワールらしい木苺などのベリーの香りが広がり、しっかりした酸味が骨格を作り、充実した果実味にたっぷりのミネラル感が旨みを支えています。シャルキュトリやブフ・ブルギニヨンなどの煮込み料理、山ウズラなど鳥料理、チーズなどにお勧めします。




  \5800

  \3000

\1000 

Zweigeltrebe (Fujino Winery)
ツヴァイゲルトレーベ‘13
札幌市の藤野ワイナリー「セパージュ」シリーズ。余市町・登地区の「三氣の辺(みきのほとり)」農園のツヴァイゲルトレーベを用い、天然酵母で発酵させました。樽熟成9カ月を経て瓶詰めしております。木苺やプラムのニュアンス、スパイシーさがあります。




 
 \5800
 
\3000 
 
\1000 


他に70年代、80年代の古酒を含め、100種類以上のワインをご用意致しております。
店内のワインリストをご覧下さいませ。


HOME